アパート物語1

大学を出て2年、24になる年、地元のバーや実家、西武新宿線の雰囲気にどこか退屈を感じて、街を出ることにした。

思い立って1週間後には、甲州街道沿いの知らない街にいた。

不動産屋さんでいくつか部屋を見せてもらう中で、その家に"感じた"もので、即決だった。

外観は一面、白い壁でちょっと洒落て見え、4畳半とは言え収納も豊富で、

駅徒歩5分、渋谷新宿下北沢20分圏内で、4万円。

ベッドが置けて、コンロがあって、トイレもシャワーもある。

ほとんど寝るために帰るだけの男の一人暮らしには十分だった。

それから4年間そこで暮らすわけだけど、訪れた友達には「犬小屋」「牢獄」などと罵られ、

先輩には「こんな部屋で満足しちゃだめだぞ」と嗜められたりしていた。

それでも居心地が良かったのは、案外小綺麗で必要最低限の空間に自分がフィットしていたのと、

何より、大家のじいちゃんにとても良くしてもらっていたことだった。


不動産屋さんには「大家さん厳しい人だからしっかりね」と言われ、少しビビりながらも初めて挨拶に行った時、

茶色の柄シャツにターコイズのベルトで現れたスタイルの良いじいちゃんは、明らかに”いい男”だった。

口数少なめに、はいどうも、はいよろしく、家賃はどうこう、ゴミはどうこう、といった話をしてくれただけだったけど、

完全に、この大家さん、気になる。


親しくなりたいなあと思っていたある日、部屋の外で遭遇する機会があった。

自分の部屋の向かいには謎の鉄の扉があり、それについて尋ねると、

入ってみるか?と言う。

あ、はい、とついていくと、そこは、このアパート2~3部屋分の広さのある、アトリエになっていた。


「絵描きをやっててね」


なんだこれ、すっげえ。

ああ、やっぱり間違いなかったな、俺の直感。なんて。


これはそんな大家のじいちゃんとの物語。つづく。

© 2023 by The Artifact. Proudly created with Wix.com